のほほんデジカメ修行日記。何気なく目に留まったもの・風景などを、写真と共に綴ります。(機材:FUJIFILM FinePix F700 & Panasonic LUMIX DMC-FZ3)
by misa22_5
Top
カテゴリ:自然・花( 26 )
|
|
2006年 08月 26日 |
また少し、更新が空いてしまいましたが・・・何だかそろそろ夏も終わってしまいそうなので、今のうちに出しておきたいものは一気に出そうかな、と思い立ち。
今年初めて挑戦した夜明けのハス撮り、ご覧いただけると嬉しいです^^ (敢えてキャプションはつけませんでした。)

1.
a0018608_11442668.jpg


2.
a0018608_1145274.jpg


3.
a0018608_11455112.jpg


4.
a0018608_11461654.jpg


5.(クリックすると多少大きくなります)
a0018608_11463418.jpg


6.
a0018608_11465593.jpg


番外: (15:50)思い立って、ちょっと付け足し。某SNSに載せて好評だったので、こちらにも。
a0018608_15503745.jpg

まるで、電話機のダイヤルのように(うわ、懐かしい・笑)お行儀よく並んだ水滴。
お久しぶりのあの方からの声の便りは、案外こんなハスの葉っぱから届くのかも知れません、ね^^

 *

More:楽しかったおしゃべりと、美味しかった・・・
[PR]
2006年 04月 21日 |
a0018608_1562398.jpg


またまた、旅行記をちょっとお休みしますが。
段々仕事も忙しくなってきて、このままだとせっかく撮った桜写真、出せず終いになりそうな気がしましたので・・・本日思い切って大量一挙放出!させていただきますね(笑。

 *

More:滋賀・京都の桜。
[PR]
2006年 04月 07日 |
a0018608_1543832.jpg


これは、ご近所の桜。結構な大木です。

ちょうど満開の頃にこの木の下を通りかかったもので・・・あまりの美しさにぼうっとした頭のまま撮っていたら、ぼうっとした夢の中のような写真になりました、とさ(笑。

 *

(4/8追記)皆さま、ご訪問&コメントありがとうございます^^
少々、留守にしますので・・・お返事は火曜日以降になります。どうかご了承のほどを~<(_ _)>

夜のお散歩。
[PR]
2006年 03月 12日 |
週末はお天気が崩れる、という数日前からの予報に反し、昨日は春の陽射し溢れてぽかぽかと暖かい、素敵なお散歩日和となりました。

そんなわけで、数日後に迫った海外逃亡の準備もどこへやら。
いそいそと花の顔(かんばせ)を拝みに近くの公園へと繰り出したわたしでしたが、あまりに気持ちよいので足が勝手に遠回り(・・・ウソです、近所で迷子になりかけました・笑)。
目的地に辿り着いた時には既に閉園間近、じっくりと撮る時間はあまり残ってなかったものの、かわいらしい花たちの満面の微笑みに、ほんわりと癒された3月、土曜日の午後でございましたよ。

ぴかぴかと明るい白には、やっぱり青空が似合いますねぇ。
a0018608_15321799.jpg


幹の途中から、懸命に咲いていた花たち。題して、『ふたりぼっち』。
a0018608_15481086.jpg


同じ花たちですが、こちらは何だか『あね いもうと』って感じかな。
a0018608_15503662.jpg


もうすぐ、春の日も落ちていきます。
a0018608_1551587.jpg


ぷっくり膨らんだ桜のつぼみも、花開く日を待ち遠しそうに風に揺れていました。
a0018608_1553282.jpg

[PR]
2006年 03月 06日 |
a0018608_083320.jpg


雨が、あがつて、風が吹く。
 雲が、流れる、月かくす。
みなさん、今夜は、春の宵。
 なまあつたかい、風が吹く。

なんだか、深い、溜息が、
 なんだかはるかな、幻想が、
湧くけど、それは、掴めない。
 誰にも、それは、語れない。

誰にも、それは、語れない
 ことだけれども、それこそが、
いのちだらうぢやないですか、
 けれども、それは、示(あ)かせない・・・・・・

かくて、人間、ひとりびとり、
 こころで感じて、顔合せれば
につこり笑ふといふほどの
 ことして、一生、過ぎるんですねえ

雨が、あがつて、風が吹く。
 雲が、流れる、月かくす。
みなさん、今夜は、春の宵。
 なまあつたかい、風が吹く。

~ 中原中也 『春宵感懐』  


a0018608_092521.jpg


春の、香る花の季節。
とっぷりと日が暮れてもまだ少し温んでいる空気と、何処からか漂ってくる芳しい花の香りに誘われて、仕事帰りにふらふらと街なかを徘徊するようになると必ず思い出すのが、中原中也のこの詩です。

ちなみに、画像は今年ではなく去年のもの。湯島天満宮の梅です。
去年はこの写真を撮った後ぐらいから猛烈に忙しくなって全くブログを更新出来ず、お蔵入りになっていたのを思い出し・・・お気に入りの詩と共にアップしてみました。


・・・さて。
今年の春の花の宵は、何処を彷徨ってみましょうか、ね?
[PR]
2005年 11月 05日 |
a0018608_14145579.jpg

Provins, Seine et Marne


*

他にも見つけた、小さな秋。
[PR]
2005年 07月 27日 |
今回は、ちょっと大きめの写真で(横位置のはクリックしてみてくださいね^^)・・・南国の海の色を存分に楽しんでいただきたいと思います。

こちら、南部の喜屋武岬で見た海。
a0018608_794380.jpg
a0018608_626889.jpg
岩の上の釣り人・・・どうやって渡ったのか不思議でした。


これは・・・古宇利島へと渡る橋の上から見た海、かな。
a0018608_6423863.jpg
おもちゃレンズ(×0.5)を使っているので、「地球は丸い」状態に見えますね。


底に黒く見えているのは、モズクだそう。
a0018608_6432111.jpg


他にも、こんな青。
[PR]
2005年 07月 15日 |
「似た花があるから今度撮ってみようっと」と言ってから随分時間が経ってしまいましたが・・・
keiさんの不思議な花たちにトラバです。

夜に咲くところもそうだし、花びらの端っこが似てませんか?
a0018608_14585413.jpg
でも、直径5センチにも満たないくらいのちっちゃな花なんです。


朝になると、レースのような部分はくしゃくしゃになります。
a0018608_14594996.jpg

沖縄でも、夜だけ咲く不思議な花を見ました。
それは次回アップしますね^^
[PR]
2005年 07月 06日 |
・・・さて。
削除の憂き目を逃れた棚田写真たちです(笑。

目で見て美しいものを美しく切り取るのは本当に難しい・・・棚田を目の前にすると、いつも痛感します。
まぁ、撮るのも面白いですが、ホントはただぼ~っと見ているだけで充分幸せ、脳内ホルモン出まくり状態になるんですけどね^^
a0018608_11465081.jpg
a0018608_1147121.jpg
a0018608_11474362.jpg
これらは奥豊後で出会った棚田です。

そのほかの棚田はこちら。
[PR]
2005年 06月 22日 |
翌日。博多から八幡へ赴き、このブログを通じてお知り合いになれた方とご対面。
そして、福岡県浮羽町葛篭(つづら)地区の棚田に連れていっていただきました。
a0018608_1564513.jpg


行く前はどんな処か全く知らなかったので、しっかりとした石垣の美しい棚田にびっくりでした。
a0018608_25814.jpg


続きはこちらで。
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon